blogセラピストの日常

2020年05月02日

ギブ&ギブ!(与えて、そして与えます♪)

5月2日(土)晴れ。

休業生活12日目。昨日トライしていました、定額給付金web申し込みはICカードリーダライタを持っていない事に気が付き^^;(webでの確定申告にも必要☆)郵送で書類が届く事を待つことにしました(汗

今日は仲人で登録している協会の副理事長の動画勉強会に参加した時に副理事長が唱えていた「ギブ&ギブ精神!」に感銘を受けて私も調べてみました♪

「ギブ&テイク」は「与えて、(見返りを求める)そしてもらう」と言う意味ですが、「ギブ&ギブ」は「与えて、そして与える」と言う意味です。与える、すなわち、与えた人が笑顔になる、喜ぶ姿をみて、さらに、良い事をしてあげる。

「これをしてあげたから、あなたはこれをしてね!」……。人は見返りを欲しがるものですが、ステイホーム週間の今。こんな会話で険悪なムードになっているご家庭や職場ありませんか?

心理学には「反報性」の法則と言う考え方があるそうです。「人から何かしら施しを受けた時、お返しをしなくては申し訳ない。」と言う心理作用です。この心理状態は世界中に浸透していて、人間社会がこのルールを採用していると説く社会学者もおられます。

皆さんは「わらしべ長者」のお話を読んだ事はありますか?ワラから交換が始まり、最後はお屋敷にまでなるというお話です。まさに、ギブ&ギブを受けた方はその施し以上の恩を返したくなるそうです(^o^)

結婚学ではこの精神をお付き合いの時にスマートにできる方は早く縁談がまとまると説いていますが、コロナ禍の今、人を思いやる行動が色々なシーンで求められています☆私も再確認しました(^o^)マザーテレサのようにとは行きませんが、回りが笑ってくれたら、自分も笑顔になれますね\(^o^)/受けた方は倍返しで、相手を笑顔にしてあげましょう♪

LG_314

ご予約・お問い合わせ

Web予約・お問い合わせページ

or

メール

ページの先頭へ戻る